皆美館

屋号説明

おもてなしの
伝統を
今に引き継ぐ。

屋号説明

城下町松江にて創業。

明治二十一年五月、皆美家の当主、皆美清太郎が「皆美」の屋号で湖水や山並みの絶景を活かした旅籠を開くことにした。開業当時の部屋数は宍道湖畔の住居であった二階の三部屋だけであった。当時、全てを切り盛りしていたのは皆美清太郎の妻、ユキであり、皆美の初期の基盤を築いた。その行き届いた客への心遣いとおもてなしの精神が皆美の家風を築き今に引き継がれている。

屋号説明

多くの文人墨客が訪れた。

皇族方がご宿泊され、その他、芥川龍之介、河井寛次郎、高浜虚子、川端康成、岡本太郎、小泉八雲、里見、田山花袋、大町桂月、志賀直哉、武者小路実篤、佐藤春夫、内田百間、尾崎士郎など多くの著名な文化人、政財界人、芸術家が訪れるようになった。

屋号説明

島崎藤村が宿泊した「藤村の間」。

昭和二年七月には、島崎藤村が令息と来泊、「山陰土産」に松江の風光の美しさ皆美館の居心地の良さを書かれ、三泊のご予定が五泊の滞在となり、帰り際に主の為にと「芭蕉の言葉」を揮毫して頂き今も床の間に飾り、記念の部屋として「藤村の間」と呼び、当時のまま保存している。

屋号説明

おもてなしの精神を今に引き継ぐ。

「客のこころになりて 亭主せよ」
藩政改革を行い、名君でもあった松江藩七代目藩主・松平不昧公が残した教えである。創業の女将ユキの時代から引き継がれてきた、客への心遣いとおもてなしの精神を支える言葉であり、この言葉を社訓として今に引き継いでいる。

屋号説明

極上の食材を 皆美伝統の味で

自然の幸に恵まれた山陰ならではの、地のものにこだわった旬な食材を使い、
代々受け継がれる滋味深い味わいを堪能いただけます。