G-Callショッピング

カートを見る

創業安政4年(1857年) 岩井の胡麻油

創業以来160余年、化学的製法や添加物を一切使用せず
安心安全にこだわり手間を惜しまず、香味抜群な胡麻油を
造り続けており、世界中の料理人から高い評価を受けています。
屋号紹介
経営理念
岩井の胡麻油は、創業以来160余年、化学的製法や添加物を一切使用せず、香味抜群な胡麻油を造り続けています。

胡麻を加熱焙煎したあと、圧搾法で油を搾ります。胡麻油の風味・香味は、焙煎の温度と時間が大きく左右し、とても難しい作業のため、経験豊かな匠がしっかりと見守ります。搾油された胡麻油は、粗濾過された後、不純物を取り除くためにタンクで静置され、綿布のフィルターで綺麗に仕上げ濾過をされてから製品となります。
手間を惜しまず丁寧に搾った岩井の胡麻油は、世界中の料理人から高い評価を受けています。
昭和初期の搾油工場
沿革
1857年 千葉県佐倉市にて岩井藤七、搾油業を創業
1873年 千葉県佐倉市に製油工場を開設。千葉県八街にて胡麻、菜種、落花生を自家生産。
1893年 横浜市神奈川区御殿町に搾油工場を設立
1900年 横浜市神奈川区青木町に工場移転。岩井製油合資会社設立
1914年 横浜市神奈川区星野町に大規模工場を設立
1921年 家庭用化粧小缶を発売。大正博覧会で金賞受賞
1926年 岩井製油肥料合名会社に社名変更
1947年 岩井製油株式会社設立
1970年 岩井の胡麻油株式会社に社名変更
2003年 横浜商工会議所より創業百年会員企業顕彰
社長挨拶
私たちは創業以来160余年、化学的製法や添加物を一切使用せず、香味抜群な胡麻油を造り続けています。

私たちは胡麻・胡麻油を通して「食の安全、安心」「健康で美味しく、高品質な商品」を提供することにより、食文化の向上に貢献することを基本理念に、地域社会・お取引先様・消費者・株主・従業員に対して日々努力を続けております。
代表取締役社長  岩井 徹太郎


Total:20811 Today:2 Yesterday:7