G-Callショッピング

カートを見る

新宿中村屋

中村屋ではカレーのことを「カリー」と呼んでいます。
中村屋にインドカリーを伝えたインド人の発音するとおり
「カリーライス」とメニュー に書いたことによります。
屋号紹介
中村屋のスタートはパン屋でした。
中村屋が創業したのは明治34年(1901年)。本郷の東京大学正門前にパン屋として創業しました。その後、順調に売上が伸び、店舗が手狭になったため、明治42年に新宿の現在の地に移転し、菓子の販売も始めました。
創業者は相馬愛蔵とその妻・黒光。商売とは縁のない家系に育った2人でしたが、「材料を精選した優良品を造り、適切な価格で売る」という信念のもと、現在まで愛され続けている商品の数々を生み出しました。クリームパン、月餅、中華まんじゅう、ボルシチ・・・。
インドカリーも、その中の1つでした。
中村屋に縁したインド人、ボースがカリーの作り方を伝授。
昭和初期の日本のカレーライスは洋食の一つとして普及しはじめていましたが、それはイギリス経由で渡ってきた小麦粉を使った欧風料理。本場インドのカリーとは程遠いものでした。
「カラい、アマい、スッパい、味みなあって調和のとれたもの一番いい。舌ざわりカラくなくて、食べたあとカラ味の舌に沸いてくるものでなくてはダメね。」
これはインド人、ラス・ビハリ・ボースの嘆きです。ボースは多くの日本人が抱く祖国インドの食文化に対する誤解を解き、本場の味を伝えようと、開設を検討していた喫茶部でインドカリーを出すことを提案します。こうして昭和2年に開設された喫茶部のメニューに、純印度式カリーという商品名が並ぶことになりました。
創業者の相馬愛蔵は努力と工夫で本物にこだわりました。
洗練された味覚を持つ人々に歓迎され、喫茶部の看板メニューとなったインドカリー。
それまでのカレーが小麦粉を炒めてルーを作るというイギリス式だったのに対し、インドカリーは玉葱を形がなくなるまで炒め、ヨーグルトとブイヨンを加えてトロミを出すのが大きな特徴です。
この味を実現するまでも発売した後も、中村屋は様々な努力と工夫を行いました。本物のインドカリーを作るには、鶏肉、スパイス、バター、ヨーグルト等、90年前の当時ではなかなか納得のいくものが手に入りません。
ならばと、バターやヨーグルトは自前の牧場を造って自家製のものに。鶏肉も種類をシャモに選定して養鶏場を作り、カリーの煮込みに最もあうよう1羽1羽大切に育てました。
1901年創業・老舗の名店「新宿 中村屋」のカレーの味をご家庭でご堪能ください。
変わらない味を守り続ける中村屋から、通販専用のレトルトカレーを多数とりそろえました。いろいろな種類を食べ比べて、あなたのお気に入りの味を見つけてください。
中村屋は、昔ながらの味を守り続けるため、その時代ごとに変わる素材と向き合い、変わらない味を提供しつづけています。本店には昭和初期から現在に至るまで親子三代にわたって来店する常連様も多いとのこと。長年伝承されてきたこだわりの味を、中村屋のカレー。高いレトルト技術によって、風味をそこなうことなく閉じ込めました。


Total:4249 Today:21 Yesterday:15