G-Callショッピング

カートを見る

前田海産の明太子

前田海産は「明太子業界」で初めて農林水産大臣賞を受賞!
日本全国から一流品が集まり取引される豊洲市場で、
数ある高級辛子明太子の中でトップの取扱量となっています。
屋号紹介
下関は韓国伝来の「辛子明太子」が初めて入ってきた
発祥の地と言われております。
その下関にて前田海産は、明太子専門業としては
日本で最初に株式会社化されたメーカーとなります。
(1964年に法人登記)

前身である前田商店創業からわずか3年での出来事
でした。1964年は東京オリンピック開催に沸き、
日本に初めて新幹線(東京−大阪間)が開通した年
でもあります。当時、食料を含めたさまざまな物資は
まだ貨車で運ばれる時代であり、旧築地市場にも
貨車が直接乗り入れていた時代がありました。
旧築地魚市場にもその名残りが残っています。


当時唯一の食の流通・普及の場所であった各地の
魚市場を通じて、前田海産は日本に馴染みのなかった
辛子明太子を全国に普及させていきました。
当時魚市場では屋号でメーカー(荷主という)を
呼び、前田海産は屋号である“マルイチ”と呼ばれて
いました。

これらは今も脈々と受け継がれ、豊洲を中心とした
全国の魚市場で現在でも前田海産は“マルイチ”の
呼び名で親しまれています。

前田海産の辛子明太子は、豊洲市場における高級
辛子明太子の中でトップの取扱量を誇っています。
 【主な受賞履歴】
<1980年> 
  辛子明太子「金印」が明太子業界初の農林水産大臣賞を受賞。

<1988年>
  「明太子のたまり漬」が第一回山口県特産品振興奨励賞を受賞。

  「明太子のたまり漬」が水産庁長官賞を受賞。

<2004年>
  天然着色明太子「自然のやさしさを」が下関市長賞を受賞。

<2005年>
  天然着色「明太子のたまり漬」が水産庁長官賞を受賞。


Total:22689 Today:3150 Yesterday:4430